家を心地よくするもの・・・♪

家を心地よくするもの・・・♪

こんにちは!10月になっても暑い日が続いています。緊急事態宣言があけたとはいえ、おうちで過ごす時間はいまだ長いことと思います。家からは、色んな音が聞こえてきますね。洗濯機を回す音、バタバタと子供が走る音、パパがひげをそる音、目覚まし音、テレビの音・・・そんな中で、五感を刺激し、心地よく感じるものを増やすことは、外出しにくい今を気持ちよく生きるヒントになるのかなと感じます。私が感じる、心地よい音や色をまとめてみました。

①洗濯機の音

水の流れる音は気持ちいいです。シャワーもリフレッシュになりますね。洗濯機に、デリケートモードというのがあり、水音もデリケートで、とても気に入っています。

②BGM

カフェで流れるようなBGMを見つけて、家でも流してみてはいかがでしょうか。音は気持ちを癒してくれます。子供がいて、テレビを見るなど違うことをしていても、イヤホンで聞いてPCに集中することができます。最近はZOOMミーティングや、WEB面接などが自然に使われるようになってきました。子供が横にいると、イヤホンは必須です。環境を整えて、心地よいサウンドを味方につけると、家の居心地ががらりと変わります。

③色合い

家のテーマとなる色はありますか?私はナチュラルをベースに、白、茶、灰色、黒でまとめたいなと思っています。というのも、大好きなカフェに通い続けて観察した結果、居心地よい空間には、色彩がとても大切だという結論に至ったからです。そこに、観葉植物、緑をはさむととてもきれいに見えますね。

④キッチンから聞こえる音

キッチンから聞こえてくる音、これは一番、家を家らしくしているものだと思います。例えば、とんかつをあげる音、さくっと切る音、包丁をトントン・・・とリズムよく使う音。鍋の火を強火で沸騰し、その後弱火にしてからコトコト煮込む音、お湯を沸かしコーヒーを静かにドリップながら淹れる音。ケーキを焼いているときの香り。家にいて、こんな香りや音が聞こえてきたら幸せですね。

⑤子供たちの笑い声!

お子さんがいる家庭では、毎日いろんなハプニングがありつつも、最高の瞬間は、子供たちが笑ってくれていることだと思います。親子で一緒に大笑いするのもいいですね。笑い声は、私たちを幸せにしてくれます。家庭が笑顔で包まれていると、家から出ても、仕事先でも、多少の困難には負けずに元気でいられる気がします。

まとめ♪

カフェが好きで、仕事がない時、子供が幼稚園や小学校に行っている間に、ほぼ毎日通っていたのですが、そこで、「居心地よい空間には何が必要なのか」を自然に考えるようになりました。空間の使い方、色合い、店員さんのさりげない気遣い、同じ空間にいる人の息吹、笑い声。そして自分のこと「だけ」に集中できること。一杯のドリンクから得られる、色んな刺激があります。家で同じ環境を演出するのは難しいですが、まずはイヤホンで、短時間からでもいいので好きな曲を聴いてみるのはいかがでしょうか。隣で、大声で歌いながら「シンカリオンZ」を見ているわんぱくな子供たちの横でも、集中できますよ!(笑) おうちで過ごす時間がより楽しいものになりますように!!

PAGE TOP