お家で楽しめる遊び。

こんにちは!北風がぴゅーぴゅー吹き荒れる今週、いよいよ冬本番といった感じです。我が家もパパを筆頭に(!)風邪をひき、咳をこんこんしています。娘も鼻水と咳が続き、今日は学校前に小児科を受診してきました。風邪をひくことで身体を大切にする意識が出るなら、よい経験と思いながら、換気をこまめにして、温かい食事作りを意識しています。日々、ご家族のケアをされているママさん、パパさん本当にお疲れ様です。一番大切な、ご自身の身体をどうか労わってあげてくださいね!今日は、お家で楽しめる遊びについて考えてみました。

①マット運動

最近体操教室をはじめた息子は、家でもくるりん!と前回りを楽しんでいます。寝る前にマットのかわりにお布団でしていますが、日中であれば、イケアなどで売っているマットやじゅうたんの上だと頭をガードできてよさそうです。柔軟体操も大切ですね(私はいきつけのフィットネスで、ストレッチばかりしています笑)!娘も同じ体操教室に通っていて、二人ともとても楽しそうです。家だとどうしても身体を動かす時間が減りがちなので、意識して身体を動かす空間づくりをしたいですね。

②季節に合ったお菓子作り

「お菓子の家に住みたい!」という子供の声をきいて、クリスマスのイベントとしてやってみよう、とお菓子の家を実際につくってみました。今回は市販のキット(無印良品)を使って作成しました。生地を3種類つくり、細かく分かれたパーツごとに型紙を切り、オーブンで4回に分けて生地を焼いて、形をつくりました。時間は3~4時間ほどかかりましたが、できた時の感動はひとしおでした。

作業が細かいため、めんぼうで生地をのばす、卵黄をクッキーに塗るなどの一工程ずつを丁寧に伝えてお願いしたら、子供たちも上手にしてくれました。クッキーを焼いている間に少し縮むのか、屋根や壁をぴったり合わせるというのが難しく、果たして家がたつのか?と思いましたが、アイシングをのりのようにして、どうにか家ができた時は感動しました。目で見てもとても楽しいです。私は午後からスタートしましたが、体力も頭も使うので、朝のうちに夕飯の用意をしておくのが正解だと思います!

③お絵かき、文字遊び

最近、文字を少しずつ覚えてきている息子は、お友達に「すき」という文字と名前を書いたお手紙を渡して、お返事をもらえたのがとても嬉しそうです。自分がしたことが相手に伝わり、反応が返ってくるという喜びをみているとこちらも嬉しくなります。お子さんが絵をかいたり、文字を書いたりしているときは、是非積極的に関わり、文字の場合は、お返事を書いてあげるときっと喜んでくれると思います!

まとめ♪

寒くなると、必然的に家にいる時間が増える気がします。そんな中、家でも楽しめることがあるとママさんもパパさんも安心してお子さんと過ごせます。「できた!」と喜び心が通う瞬間は、気持ちもほっと温まります。工夫しながら、お子さんだけでなく、自分自身も好きなことで心温まる時間をつくっていきたいですね。子供の遊びは月齢や年齢に応じて様々なので、我が家ではこんな遊びが今面白い!というのがあれば、同じくらいのお子さんがいる周りの方にもおすすめされてみてはいかがでしょうか。家での時間がますます楽しくなりますように、今回の記事が参考になれば幸いです。

PAGE TOP