寒~い冬にほしくなるものとは?

寒~い冬にほしくなるものとは?

 

こんにちは!12月も半ばを過ぎて、一気に気温が下がり、娘の幼稚園、息子の保育園お迎え時には思い切り着込んで出かけています。いよいよ冬本番が到来ですね。寒さに負けずに元気に乗り切るために、寒くなるこの時期、ほしくなるものを5つ挙げてみました♪

 

①身体を温めるもの

まずは食事が基本です!ショウガ、シナモン、ゆず、普段食べているものにプラスして、身体を温めるものを試してみてはいかがでしょうか。私は寒がりなので、しょうがを入れた飲み物をよく飲んでいます。身体を温める根菜類や、出来立てほかほかの料理、自分が元気になれるものを作り、食べましょう。お風呂に好きな香りの入浴剤を入れたり、足湯をしてみたり、湯たんぽをお布団に入れてみたり。身体を温めてくれるアイテムがあるといいですね!

 

②気持ちが温かくなるもの

思い出のアルバム、大切な人との写真、お気に入りの本など、自分の気持ちがあたたかくなるものはありますか? 私は、仲の良いお友達と満面の笑みで映っている娘の写真を見ては、ほっこりしています。「笑顔って本当に人を励ますな」としみじみ実感しています。お母さんが笑顔でいられることって、子供にも派生し、すべてにおいて本当に効果がありますね。

 

③大切な人との交流

コロナでソーシャルディスタンスが叫ばれた今年。一番感じたのは、人とのあたたかな交流がいかに大切かということでした。対面での会話が減った分、自分や、人にかける言葉の選び方って本当に大切です。温かい言葉を選んで使いたいですね。マイナスなことを言わなければいけないときでも、自分の気持ちとして本心から伝えれば、きっと伝わります。大切な人、一緒にいて自分の心が明るくなる人とは、どんな形であれ、交流を保ち続ける努力を惜しまずにいたいです。

④自分の大好物☆

娘はドーナツ屋さんになりたい!!というほどドーナツが大好き。息子も、ミスタードーナツをお土産にするととても喜んで嬉しそうにしています。私は和菓子、ナッツやアップルパイ、チーズケーキ、ドライフルーツが大好きです。

自分へのご褒美に、気分転換に、いつでもつまめるものを用意して、寒い冬も心温かく過ごしましょう♪

 

⑤おしゃれできる一品♪

先日、たまたま当選したバス旅行に娘と出かけた際に、思い切ってジュエリーを購入しました。20歳になったらプレゼントするね、といって、今は私が身につけています。高価な買い物でしたが、つけると自然と気が締まり、よい気が流れるのを感じます。マスクも、女性らしいカラフルなものが沢山出ていますよね。アイシャドーをピンクにしたり、イヤリングやピアスをしてみたり、アクセントに髪型を変えてみたり。冬こそ、女性ならではのおしゃれを楽しみ、ハッピーな気分でいたいですね!

 

まとめ♪

寒いと、起床時間も遅くなりがちで、短い日照時間の中、一日があっという間に終わってしまいます。清少納言の枕草子にも「冬はつとめて(早朝)」とあるように、自分のしたいことをするために(子供たちが寝ているわずかの間に)、朝の過ごし方は大切です。最近、心を温めることは身体を温めることにつながるな~と実感しています。心と身体はつながっているのですね。

相手が、自分がしたことで喜んでくれたり、元気になってくれたりすると、こちらも気持ちが明るくなります。相手に対する思いやりの言葉は惜しまず、「ありがとう」、や、「ごめんなさい」を素直に言い合える関係を、まずは家庭からつくりたいと思っています。寒さの厳しい今こそ、自分の心や身体があたたまることを探してみませんか?

PAGE TOP