子供の名前をつける時~注意すべきポイントと決め方~

子供の名前をつける時~注意すべきポイントと決め方~

妊娠が判明するととても嬉しいものです。そんな中でパパ・ママのお仕事の中で重大な役割。それは「子供の名前を決めること」だと思います。名前を決めると言うことは一生ついてくる物なので、そう簡単にはつけられないですね。
そこで、今回は子供の名前をつける時の注意すべきポイントやいくつかの決め方をご紹介します!ぜひ参考にしながら読んでみてくださいね。

 

1、注意するべきポイント

子供の名前をつけるときにいったいどうやって決めたらいいのかとても悩みますよね。
注意するべきポイントをいくつかご紹介します。

1-1、読みやすいこと

漢字で名前を決める時は、「この漢字なんて読むの?」のいう難しい読み方がありますよね。だいたいの人が漢字の名前を見て読みやすい名前がベターです。

1-2、聞き取りやすいか・言いやすいか

名前の候補がいくつか上がったらぜひ何回かフルネームで呼んでみてください。
相手が聞き取りにくかったり自分が言って言いにくかったら意味がないですよね。子供がこれから名前を使っていくので相手側も自分側も聞き取りやすい、そして言いやすい名前の方がいいと思います。

1-3、イニシャルに変換する

ここでも名前に候補がいくつか出てきた場合、イニシャルに変換してみてください。もし、イニシャルに変換してみてマイナスなイメージになるようなイニシャルだった場合、その名前は控えた方がいいでしょう。 例:N・G、S・M、W-Cなど。

1-4、読み方は変な意味じゃないか

「中里依紗」が「なか りいさ」という名前なのに「なかり いさ」と呼ばれてしまい変なニックネームを付けられてしまうことがあるので注意しましょう。

1-5、文字を口頭で説明しやすいか

電話などで自分の名前の漢字を説明する時に自分なりに説明しやすいか考えてみましょう。
難しい漢字だと先方が思っている漢字と違う場合があるので注意しましょう。

 

2、名前をつける時の決め方

子供の名前をつける時「考えすぎて何から決めたらいいか分からない」「様々な候補がでてきて旦那ともめた」などあると思います。そこで最後に名前をつける時の決め方をいくつかご紹介します。

2-1、音の響きや呼び名で決める

名前を決める際、呼びやすいか、呼ばれて心地よいかなどから候補を決めていきましょう。
最初の音は、その子供の雰囲気に影響を与えやすいです。例えば、「サ行」は爽やかで明るいイメージ、「ラ行」はクールなイメージがります。また、ニックネームから名前を決めるのもありですね。

2-2、生まれる季節をイメージする

その子が産まれてくる季節などをイメージしながら決めることもいいでしょう。
「春」に産まれる子なら「陽」「日」などの暖かいイメージを持つ漢字を選ぶこともポイントです。

 

2-3、植物からイメージをする

これも子供が産まれてくる季節の植物の名前から選ぶのもいいでしょう。
「春」産まれなら「桜」などがありますね。ちなみに、海·大地·空·星·宇宙などのイメージから選んだ名前は壮大なイメージがありますね。

 

2-4、パパとママからの願いで決める

「健康に育って欲しい」「優しい人に育って欲しい」
など、パパ、ママがこんな子に育って欲しいという願いもありますよね。
パパとママからの願いで決めた名前で意味を知った子供もとても嬉しいと思います。
また、「パパとママは私(僕)にそんな風に思ってくれてたんだ。」と改めて思い、名前に恥じないように生きていこうと実感すると思います。

2-5、兄弟とのつながりで決める

二人目以降の名前を決める時は、兄弟とつながりのある名前を決めるのもいいと思います。
一人目の名前の漢字一文字をもらい、二人目もその漢字をつけるなどいいと思います。
とても仲良しなイメージな感じがしますよね。

2-6、文字数で決める

苗字との相性やバランスを見ながら、また文字数から決めるパターンもあります。
苗字と名前の文字数がバラバラだとバランスが悪い感じがします。

2-7、書店で売っている「名前辞典」などから参考に決める

候補が沢山ありすぎて困っているなどの様々な理由が出てきますよね。もし手につかない状態になってしまったら「名前辞典」を参考にしてみるといいと思います。
「季節別」「漢字別」「画数別」「呼び名別」など様々な視野から分かれているのでとても参考になります。最近では、名前辞典でも沢山の種類が売ってあるのでどれが参考にできるかなどをみながら購入するとよいでしょう。

 

3、まとめ

いかがでしたか? 妊娠がわかると嬉しい反面、これから一生背負っていく名前をつけるという重大な役割がありますよね。しかし、毎日のように名前を悩んでいたら嫌になってくる時もありますよね。そんな時は、一旦名前を考えるのをやめてみてください。
そうすることでふと「この漢字いいかも」「この呼び方いいかも」と思うときがあるとおもいます。産まれてくるのに10ヶ月もあるんです。ゆっくり考えていい名前を子供に付けてあげてくださいね!

 

PAGE TOP