子供の靴のサイズを選ぶポイントとは?

子供の靴のサイズを選ぶポイントとは?

 

3歳くらいまでの子供の足はどんどん成長していくため、成長に合わせた靴のサイズを選ぶことが非常に重要です。小さい子供の足の骨は柔らかく、靴のサイズが小さくても痛みを感じないため、定期的にママが靴のサイズをチェックしてあげましょう。今回は、子供の靴のサイズを選ぶポイントについてご紹介していきます。子供の足の成長のために、正しい知識を身につけておきましょうね。

 

1.子供の靴、正しいサイズを選ぶポイント

1.子供の足の甲・足幅に合わせて調節できるか

子供の足も大人と同様、形はさまざまです。甲高・幅広の足でも靴がしっかりと足にフィットできるよう、面ファスナーやマジックテープで調節できるものを選びましょう。子供のお気に入りの靴があるけれどサイズが少し合わない、という場合はインソールの活用もおすすめです。

 

2.かかとがしっかり支えられているか

子供の歩行を安定させるためにも、かかと部分がしっかりしている靴を選びましょう。靴の中で子供の足が動かないように、固定してくれる靴を選ぶのがポイントです。子供の靴でハイカットを選ぶ人がいます。ハイカットの靴は足首が安定するというメリットがありますが、その分足首を曲げようとするとその部分に力が必要になるため、子供の動きが不自然になってしまう可能性があります。足の変形が強い・関節が柔らかい子供は医師と相談しハイカットでも構いませんが、特に問題がない場合は通常のローカットの靴を選ぶようにしましょうね。

3.つま先に余裕があるか

・靴のつま先部分には5ミリ程度のゆとりがあるか

足の指を靴の中で自由に動かせる

を確認します。足の指を自由に動かせることで、子供の足のアーチの形成・ふくらはぎの筋肉の発達といった部分が成長していきます。また、つま先部分が少しだけ反りあがっている靴を選ぶと、子供がつまずきにくくもなります。子供の靴で一番重要なポイントでもあるので、つま先部分はしっかりと確認してくださいね。

 

4.適度な厚さの靴底か

靴底も、子供の足の健康を守るために重要な部分です。子供は歩くときに、足の指の付け根部分が曲がりますが、靴底も同じ位置で曲がるかどうかを確認しましょう。靴底が柔らかすぎる・固すぎる・サイズが大きすぎる靴を履いていると、かかとの骨が外側に曲がってしまう可能性も…。試し履きをして、しっかりとチェックしていきましょう。

 

5.通気性が良いもの

子供は代謝が良いため、すぐに汗をかきます。汗をかくと、当然靴の中の温度も上がります。温度が上がり蒸れたままにしておくと、靴の中に雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。子供の靴を選ぶときは、通気性が良い・雑菌の繁殖を抑える加工がされているものをできるだけ選ぶのがポイントですよ。

 

2.子供の靴のサイズの測り方を知っておこう!

 

1.子供の靴のサイズの測り方

子供の靴のサイズを測るときは、まずは足幅・足長・足囲の3ヶ所を測り選んでいくのがポイントです。

足幅…子供の靴のサイズを選ぶときの、1番重要な部分です。親指下の関節の1番出ている部分から、小指下の関節で1番出ている部分までを測ります。

足長…かかとからつま先(人差し指)までの長さ。必ず裸足で計測し、0.5~1センチ程度余裕があるサイズを選ぶのがポイントです。

足囲…足幅の部分を、足裏からぐるっと一周させたサイズです。甲高の子供は、この部分をしっかりと測っておかないと靴がきつくなります。

 

2.シューズフィッターや機械を使って計測するのも、おすすめ

小さな子供は、靴のサイズを測ろうとしてもじっとしてくれないことが多いため、なかなか測れないということがあります。そんなときは、シューズフィッターや子供の靴専門店にある、足形計測機を利用するのも良いでしょう。プロが正確にサイズを測ってくれ、靴を選ぶときのアドバイスももらえます。一度利用してみると、その後の靴選びの参考になりますね。

 

3.子供の成長に合わせた靴のサイズの選び方

1.子供がよちよち歩きの時期

まだまだ転びやすい時期で、土踏まずも形成されていません。この頃の子供の靴は、

・ころびにくい

・骨の発達を妨げない靴

を選ぶことポイントです。子供が歩きやすいよう、足になじむ素材で靴底が固すぎないものを選びましょう。

 

2.1~2歳

大分歩行がしっかりしてきて、走れるようになる子供もいます。この時期は、

・かかとが安定しているもの

・通気性・吸湿性が優れて履き心地がよいもの

を選びましょう。

3.子供の運動量がグンと増える3歳以降

この時期の子供は、運動量が増えるとともに土踏まずが形成されていき、靴の汚れや痛みも気になってきます。この時期は、

・クッション性・屈伸性が優れているもの

・洗いやすいもの

を選びましょう。幼稚園に入園するとさらに動きが活発になり、靴の傷みも激しくなるため予備の靴を用意しておくと安心ですね。

 

4.まとめ

1.子供の靴を選ぶときは、かかと・つまさき・靴底の厚さ・通気性をチェックして購入する。

2.子供の靴のサイズは足長・足幅・足囲の3ヶ所を測ってから選ぶ。

3.子供の年齢に合わせて、靴を選んでいくことが大切。

子供の足はどんどん成長していくため、定期的に靴のサイズを確認することが大切です。足のサイズはできれば、1度専門店に行って計測してもらうとその後の子供の靴選びの参考にもなります。靴のメーカーやブランドによって、同じサイズであっても大きさが異なることがあるので、子供の靴を購入する前は必ず試し履きをするのも忘れないでくださいね。

 

PAGE TOP