初めての保育園!準備は何が必要?

初めての保育園!準備は何が必要?

保育園に入園することが決まった。しかし、保育園で何が必要なのか、入園のしおりを拝見をすると準備が沢山ありすぎて大変ですよね。その分乳児はさらに準備が多いと思います。そこで今回は、保育園の準備は何が必要なのかどの保育園でも必要そうな物をまとめてみました。ぜひ、保育園の準備の時などで参考にしてみてください。

1:着替え・パジャマ

保育園では決められた服・園指定のスモックを着て登園したり過ごす事が多いです。
しかし、外遊びをした際や排泄に失敗したときなど様々な場面でお着替えが必要になります。靴下・下着上下・シャツ・ズボン一式準備しておくと安心です。
注意してほしいのが、保育園では月齢が大きいクラスは一人で着替えると思います。そのため、子どもは一人で着替えれるような服装の準備をお願いします。背中にボタンやファスナーなどがついてるものは控えてくださいね。
また、乳児の場合はまだ小さいので保育園指定のスモックなどは着用しない保育園がとても多いです。乳児は着替えを毎日何度も行うため、すぐに着れる服を数枚用意しておきます。

2:おむつ(おむつカバー・布・紙)

乳児の場合はおむつを1日何枚も買えます。「1人 10 枚は保育園に置いておきましょう」と言われる園が多いです。また、誰のパンパースか分からなくなるため、オムツには名前を書いて持参する所が多いです。保育園でも家庭でも沢山使用するので、多めに買っておくといいと思います。

3:お昼寝お布団セット

ほとんどの保育園は必ずと言っていいほどお昼寝の時間があります。最近は、赤ちゃん用品などのお店で「お昼寝お布団セット」が販売されています。最低でも、敷き布団·掛け布団タオルケットは原則準備しましょう。
また、保育園によってはお布団のサイズを指定している保育園もあるので事前に確認し、準備しましょう。

4:雨の日用のグッズ

雨が降った際のレインコート·傘·長靴を準備する必要があります。傘などは、子どもの身長にあった傘を選びましょう。子どもの視界をさえぎらない傘を選ぶことが大切です。
レインコートも身長に合った物を選びましょう。
また、長靴は、すぐ乾きやすく·滑りにくく子どもが履きやすい長靴を選びましょう。

5:ループ付きタオル

保育園では、壁や机のフックなどにタオルをかける物が用意してあります。そのフックなどにタオルをかけて、手を洗った後などに子ども達は自分のタオルを使用します。
毎日使用する為、5枚は余裕を持って準備しておきましょう。

6:上履きをいれる袋等

様々な物を入れる袋が必要になります。サイズの違う袋をいくつか準備しておきましょう。

7:食事用エプロン(乳児だけ)歯ブラシ·コップ

乳児は特に食事をする際、こぼすことが多いので食事用エプロンを使用する保育園があります。首の後ろで止められる物などをよく使用します。
また、準備する際布系のエプロンではなくつるつるしたエプロンを用意すると帰ってきて洗濯をする際に食べ物がついていてもあらってすぐ落ちるので洗濯しやすいと思います。
これも毎日使用するので5枚は準備しましょう。
また、幼児組からは歯磨きもするので歯ブラシ·コップも必要です。

8:弁当箱·水筒

最近の保育園では給食があります。しかし、遠足や行事毎の際は、「家庭でお弁当を持参してください。」など言われることがあります。こどもが全部完食できるサイズの弁当箱を用意しましょう。また、水分補給もとても大切なので水筒も用意しましょう。
子どもが飲みやすい水筒を選びましょう。
お弁当箱·水筒を準備する際、子どもが自分の物だと認識できるように好きなキャラクターなどの柄を選ぶと良いでしょう。

9:水着セット(夏限定)

水着セットに関しては、夏の季節に入る前に準備すれば間に合うと思います。
女の子はすぐにはきやすいか、男の子に関してはズボンがずれてこないかなどよくチェックしながら選びましょう。また、帽子は子どもも頭にあったサイズを選びましょう。
また、水が嫌いな子がよくいます。水に慣れるようにゴーグルなども準備しましょう。
タオルは大きめでボタン式の物だと子どもも使いやすいと思います。

10:園指定の体操服·制服·筆記具など

指定の体操服などもサイズを記入し注文する保育園もあります。また、1人一個でハサミ·クレヨン·のりなどを用意する保育園もあるので筆記具のお金の準備も必要です。

まとめ

いかがでしたか?月齢が低いほど準備する物がとても多く大変ですよね。入園が決まった保護者には、後日「入園説明会」というのが開かれると思います。その際に家庭で準備して欲しい物などを細かく説明してくれると思います。分からないことは質問して後から慌てて準備することがないようにしましょう。
また、お店などに買いに行く際は、必要な数などを忘れないようにする為に、「入園のしおり」や買った物をチェック出来るようにペンを持って行くことをおすすめします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP