保育園で子どもが過ごしやすい服装って?

保育園に入園決定!
保育園入園の決まった子ども…一緒に過ごしてる時はあまり気にしなかった服装。保育園ってどんな服装がいいの?実際に保育園に預けてみて感じた年齢別オススメの服装について書いてみます!

 

保育園で子どもが過ごしやすい服装って?

1.どんな洋服を準備する?

まずはそれぞれの保育園で説明があると思います。それに従えば間違いないのですが、ざっくりとした説明で終わる園もあります。
1-1 0〜2歳
まず着替えの回数が多いので汚れても大丈夫な服。そして着替えの練習やトイレトレーニングも始まる頃なので脱ぎ着のしやすい少しゆったりめのお洋服がオススメです。肌着もロンパースタイプではなく、肌着タイプと指定があるかもしれません。その時におススメなのがワンサイズ大きな肌着です。お腹が冷えそう…と心配になりますが、ワンサイズ大きな肌着だと動き回ってもシャツを入れていればお腹丸見えが防げます。
1-2 3〜5歳
自分のことは自分で!と身の回りの自立を促す練習時期です。先生が手伝うことも以前よりはぐっと減ります。そして自分で出来ることで自信にもつながるお年頃。これじゃないと嫌だ!と自分の好みが出てきますが、ボタンの多い洋服よりロンTやチャックやボタン留めのズボンではなく脱ぎやすいチノやストレッチパンツがおススメです。

 

2.どれくらい必要?

園によって活動内容が異なることもありますが、基本的に園に3〜4回分程度の全身着替えセットがあると安心です。それに合わせて毎日1セットは持参するように説明があると思います。また年齢に合わせて、スタイや靴下なども用意があると安心です。季節によってはもう少し必要な時もあると思いますが、実際に入園して持ち帰ってきた洋服の数を見てきめてもいいかもしれません。

3.準備するときに注意すること

1でもご紹介しましたが、
・ボタンの多い服
・チャックやボタンで留めるタイプのズボン
・きつめの洋服
は、活動に支障が出やすいので避けましょう。またフード付きの上着や紐のついたパーカーも悪気がなくても引っ張って遊んで大怪我につながる可能性もあるので避けておくのが無難だと思います。園によってはキャラクター禁止などと説明があるかもしれませんので確認してみてくださいね。我が家事ですが、早め早めの準備もいいのですが、ピッタリサイズで用意したらいざ着るときになったらあれ?キツくない?なんて失敗をしました。

4.動きやすい服装って?!

実際に良かった服装として挙げられるのは
乳児の頃はサルエルタイプかカボチャパンツと呼ばれるゆったりめのズボンにロンT、ベストがローテーションで続きました。冬にモコモコのダウンジャンバーを持たせたところ、寒さには完璧でしたが腕などがモコモコで動きにくそうに遊ぶ姿を目撃しました。たくさん動けないと子どもも遊びにくいですね。

5.なかなか落ちない汚れ物!どうしたら?

家や家族での公園遊びではなかなか出来ないダイナミックな遊びもしてくれる保育園での遊び。ただ落ち切らない汚れで持ち帰ることもたくさんあります。汚れてナンボ!たくさん活動した証でもあるよ!と言ってあげられたら素敵なんですがそう思えないこともあると思います。我が家で試した3つの汚れ落としを紹介しますね。

5-1 お風呂に子どもを浸からせながら、横で洗える方法
・スクラブ洗顔料
パパの洗顔をちょこっと拝借し、洗ってみたところ泥汚れにスクラブが入り落ちてました。テレビでも紹介されてたのでおススメ。トップス1枚に2センチほどで充分でした。
スクラブ洗顔がなくても意外に洗顔料でも落ちますが女性向きのはあまり落ちませんでした。

5-2 お料理をしたときにお湯を沸かしたついでにつけ置きする方法
・酸素系漂白剤
熱めのお湯で溶かしつけ置き。洗濯機に入れる前に古い歯ブラシなどで軽くこすってから洗濯するとさらに汚れが落ちやすいです。

5-3 カレーやミートソースなど食事の食べこぼしをキレイにしたい時の方法
・食器洗剤
これは保育園だけではなく普段からも実用性が高いかも知れません。(笑)食べこぼしというだけあって洗濯洗剤よりも食器洗剤の方がとってもよく落ちます!ゴシゴシ擦ると広がってしまう危険もあるので落としたいところにまず染み込ませてからポイント洗いするのがおススメです。時間が取れる時はお湯に浸けてから洗うのがいいですが、そんな時間も惜しい時はとりあえず洗濯洗剤より食器洗剤で洗ってから洗濯機へ。時間の取れる方は上の洗い方をしてから酸素系漂白剤に浸けておいて洗濯機へ入れるのがテキメンでした!

保育園用と割り切って格安でゲットするのも方法の1つ!フリマやネットでまとめ売りがたくさん出ていますのでチェックしてみてくださいね。たくさんの汚れ=経験=未来につながる!そう思うようになりました。お洗濯は大変だけど、子どもの成長が親の活力につながる時も。一緒に頑張りましょう!

今日のまとめ

1.どんな洋服を準備する?
2.どれくらい必要?
3.準備するときに注意すること
4.動きやすい服装って?!
5.なかなか落ちない汚れ物!どうしたら?

PAGE TOP