天然の味に気づかされた、天然の自分。

天然の味に気づかされた、天然の自分。

 

こんにちは!夏至を迎えた今日、新たなスタートとして、初めて朝食にオーツ麦ミルクを取り入れました。日曜日に夫がコストコに行き、オーガニックレーズンとオーツ麦ミルクを買ってきてくれたので、朝、オートミールと一緒に食べました。いつもは、お湯でふやかして、牛乳を入れるのですが、味が全然違う、と驚きました。レーズンも子供たちが大好きで、常にストックしておくのですが、オーガニックと書かれたパッケージも可愛くて、すごく嬉しい朝になりました。天然、オーガニックと言われるもの。あまり意識せずに買い物していることが多かったのですが、天然のものを食べると、身体が「美味しい」といっています。天然の味に、天然の自分、本来の自分を思い出させてくれた思いです。今日は、コラムを書かせていただいている私自身について、簡単に触れたいと思います。

①生まれと育ち

 

出身は東京です。東京というと、都会だねと言われますが、私が育ったところは畑もあり、小学校の校庭も広く、のびのび育ちました。長野にご縁があり、長期休みはそちらへ行っていました。ちょうちょを捕まえたり、かぶとむしを見たり、トウモロコシを食べたり、花を見たりするのが大好きでした。父の仕事の関係で来客が多く、普段出会えないような方に会いにいくことも多く、様々な人から刺激を受けて育ちました。

 

②もともと好きだったもの

 

自然に触れること、お菓子作り(自由研究で夏休みに毎日お菓子を作るのが楽しくて仕方がなかった)、記録(日記とお小遣い帳は、小学校の時からずっと続けていました)、画家の母についていった美術館、国立博物館での化石、恐竜コーナー、同居していた祖母が作ってくれた漬物やみそ汁、青じそのてんぷら。お友達のお家で食べた山桜桃梅(ゆすらうめ)。自然体験が大好きでした。お友達と探検ごっこにいったり、駄菓子屋さんで遠足のお菓子を買うことにわくわくしていました。人前に出て話すのは、とても苦手だったし、自分が目立つのも苦手だったので、テストをわざと間違えたり、兄の大学名を、言わずにいたりしていました。普通でありたい、という願いがあったようです。

 

③平凡な中高生活ののちに大学へ

 

中高一貫の学校にいけたおかげで、人と競うことをせずに、高校まで行けました。希望する大学は自己推薦入試で無事受かったため、ハンバーガー屋さんでバイトをしたり、自動車免許をとったりしました。髪の毛を染めたのもこの時期。この空白の時間が一番自由だった気がします。好きな科目は英語と国語。小論文があり、ここでも書く力が役に立ちました。英語は好きで、結婚後に勉強し、準一級を取得しました。

 

④思い切り楽しんだ大学生活

 

大学では何かに打ち込む経験が欲しい、と、体育会への入部を希望していました。チアを夢見ていたお友達の誘いもあり、応援部の見学へ。ずっとやっていた音楽ならできる、と吹奏楽団に入部しました。大学生活、部活にゼミに、休みはほとんどなく、この四年間は非常に濃いものでした。

 

⑤仕事で大阪、結婚して神戸へ

 

最初に就職したのは、化粧品会社でした。経済だけでなく文化的にも社会に貢献しているという理念に憧れて、入社を希望しました。総合職のため、転勤が必須です。関西にご縁ができたのも、仕事がきっかけです。その後、東京本社、結婚退職し、再び関西へ。子供を2人授かり、子育てに奮闘しています。海と山が身近、自然が豊かで、人も魅力的、神戸に地縁ができて本当に嬉しく思っています。子供が2歳になったタイミングで、やっぱり社会とつながりたい、ママではない自分の時間がほしい、と思い、希望する仕事の面接を受けました。私がやってみたかった仕事は、9-18時が基本、その他はパート。子供の預け先と、保育代のバランスで悩んでいたところ、帰りがけに078のスタッフさんと出会いました。078でも託児をしていると知り、どんなところか見学に行こうと思っていました。その時に思っていることをすべて受け止めてくださったスタッフさん。この時の出会いが、私の人生を変えてくれて、078保育園の調理にはじまり、今、このコラムをかかせていただいていることにつながっています。078With-Kidsで、「どんな場面でも女性がいきいきできる」、「子育てしながら働くことができる」ことを私自身も実感しつつあるところです。

 

まとめ♪

 

天然の味に、自分の本来の姿を思い出しながら、つらつら書かせていただきました。子育ては楽しい、だけど本当に大変です。それぞれの気質に合った育て方、かかわり方を日々学ばせていただいています。何が家族のバランスをとる上でベストなのか、仕事をするのがいいのか家にいるのがいいのか。ハッピーなママになるために、毎日試行錯誤しています。疲れた時は美味しいものを食べて、一休み。将来は、お子さんもお母さんも集えるような温かいカフェを開きたいな、とおぼろげに思っています。

 

夏至を迎え、自分のスタートを切る上で、改めて、今までの自分を振りかえってみてはいかがでしょうか。私自身は、天然の味に天然の自分、本来の自分を思い出しました。天然でいるって、社会に出るととても難しいことです。演じることも、理不尽に耐えることも沢山出てきます。だけど、子供と向き合うって、天然の自分に戻ることなのかもしれない、と思っています。天然の子供たちに、天然の自分に、天然の味。自然な生活に戻ると、意外と子育てってうまくいくのかもしれません。無理せず、自分らしく生きる。それが子育てをする上で、必要なことだし、子育てに正解ってないと思います。自分を大切にすること、相手を大切にすることはつながっているので、どうか無理せず、好きなこと、前向きになれる何かを見つけて、身近なところからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。何かをしてみたい、と思うママさんの挑戦を待ってくれている人は、きっとたくさんいると思います!

PAGE TOP