三大幸せホルモンについて

保育士のSです!

先日は、幼児教育の専門家Nさんから、三大幸せホルモンについて学びましたので、皆さんと共有したいと思います✨✨

三大神経伝達物質とは、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンですが

三大幸せホルモンとは、ドーパミン、セロトニン、オキシトシンのことを指します!

ドーパミンについては以前コラムにまとめています✨

セロトニンは、安心ホルモンとも呼ばれていて、その名の通り分泌されると安心したり、穏やかな気持ちになったりします(^^)

ドーパミンやノルアドレナリンを抑制する役割もあります✨

何でもバランスが大切ですね!

オキシトシンは、愛情ホルモンとも呼ばれていて、分泌されると幸せな気持ちになったり安心したりします(^^)

役割としては、集中力をUPさせたり、ポジティブな気持ちになったりします✨

では、セロトニンやオキシトシンが、何をすると分泌されるかというと…

スキンシップ☺

日光を浴びる☀

笑う😊

よく噛んで食べる🥄

等が挙げられます✨✨

特にスキンシップは代表的とのことなので、園児たちとの触れ合いを大切にしていきます(^^)

PAGE TOP