育児と仕事の両立は難しい!?両立する方法はある?

育児と仕事の両立は難しい!?両立する方法はある?

 

最近は、子供を出産した母親も早く仕事に復帰する姿が多く見られます。しかし、「育児と仕事の両立が難しい」「育児と仕事の両立が上手くいかずイライラしてしまう」と感じる方も多くいるかもしれません。また、育児だけでも疲れるのに、仕事も重なるとその分疲れてしまいますよね。その分、夫が帰ってくるのが遅い、なかなか育児や家事に協力してくれないという家庭もあると思います。

仕事をしていないと育児に専念できますが、経済的に苦しくなる時もあると思います。仕事をしていると育児に専念する時間が少なくなりますが、経済的に余裕が出てきます。今回は、育児と仕事の両立が上手くいく方法をご紹介したいと思います! ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1、育児と仕事の両立が上手くいく方法とは?

1-1、買い物は休日に買い出しへいく

料理は下ごしらえをして冷凍庫へ入れるようにしましょう。仕事帰りに夕飯の買い出しにいく方も多いと思います。しかし毎日買い出しに行き家に帰ってきてから夕飯の準備は、大変だと思います。買い出しに行く時間や仕事終わりの料理は短時間で済ませておきたいですよね。そのような時は、休日に1週間分の献立を考えまとめて買っておくようにしましょう。また、休日に買ってきた食材を使う曜日で小袋に入れて分ける事や、お肉類などは味つけをして小袋に入れて冷凍するようにしましょう。そうすることで、平日仕事が終わっても、そのまま帰宅できあとはご飯も焼くだけなど短時間で済ますことが出来ます。

 

1-2、家事の役割分担を家族で決める

食器洗い、お風呂掃除、洗濯物、アイロンがけなど家でもやることが多いですよね。そのような時は、家族で役割分担を決めるようにしましょう。まだ子供が小さい場合は、夫に頼むようにしましょう。もし子供が大きい年齢の場合は、お風呂掃除や食器洗いなど出来るような事は頼んでみましょう。一緒に家事をすることで、家事の大変さを感じたり、会話が増えて親子のコミュニケーションにも繋がります。

 

1-3、地域の制度を利用する

まだ小さい子供の年齢の子供がいる家庭は、保育園や幼稚園なでの送迎がありますよね。しかし勤務時間の調整が出来ないなどの場合も、出てくると思います。地域の自治体では、「ファミリーサポート制度」と言って保護者の代わりに子供の送迎をしてくれたり、子供を一時的に見守ってくれるサービスを提供している自治体があります。ぜひ一度問い合わせてみてください。親切に教えてくださると思います。

 

1-4、仕事の働き方を変える

フルタイムで働いている保護者は、「パート勤務」に変える事によって子供が帰ってくる時間に仕事も終わり夕方の時間、少し身体を休める時間ができます。フルタイムで働きたい方は、職場の上司などに相談して残業を無い職場に変えてもらうなどするようにしましょう。働き方を少しでも変えることによって、身体を休ませる時間が増えて、家族にしわ寄せがいきにくくなります。

 

1-5、朝少し早めに起きて家事を少しでもやっておく

仕事から帰宅してから家事をやるのではなく、朝少し早めに起きてご飯の下ごしらえなど、出来る事をしておくとだいぶ楽です。例えば夜ご飯がカレーや煮物の場合は、朝作っておくことで夜は温めるだけで済みます。

 

1-6、「やらなきゃいけない」という考えを捨てる

どうしても「毎日洗濯物はやらなきゃいけない」「ご飯は手作りじゃないと」と考える親も多いと思います。しかし、育児と仕事をしていてその分、家事までの負担がかかってしまうと、いつしか体調を崩してしまいます。例えば「洗濯物は休日にまとめて洗う」「今日は仕事で疲れたから、スーパーの惣菜を買って帰ろう」「早く寝たいからお風呂掃除はシャワーで流すだけにしよう」など手を抜くことも、家事両立する方法の一つです。その分子供との時間も増えますね。

 

2、まとめ

・買い物は休日に買い出しへ、料理は下ごしらえをして冷凍庫へ入れるようにしましょう

・家事の役割分担を家族と決めるようにしましょう

・地域の制度を利用するようにしましょう

・仕事の働き方を変えるようにしましょう

・朝少し早めに起きて家事を少しでもやっておくようにしましょう

・「やらなきゃいけない」という考えを捨てるようにしましょう

いかがでしたか?

育児と仕事の両立は本当に難しいですし、体力も沢山使います。しかし家での過ごし方や職場の働き方を変えることによって育児と仕事の両立が出来るようになります。他には土日は自分の両親や義理の両親に子供を預けたりする事で自分の時間がもてたり、休む事ができます。頑張った分だけ自分に、自分の好きなデザートを買う、好きなDVDを観てゆっくりするなどご褒美をあげる事も大切です。

子供が小さいうちは、振り返ってみれば一瞬です。その時に合った形で、自分に無理がないか、子供に無理がないかを常に問いながら、色々な方法を試して、ご自身にあった育児と仕事の両立を楽しんでみてください!人生は長期戦です。どうか、何よりも大切なお子さんと自分を大事にしてくださいね。

PAGE TOP