子供と一緒に食べたい、身体に優しいおやつあれこれ♪

子供と一緒に食べたい、身体に優しいおやつあれこれ♪

 

コロナウイルスの影響で、休園、休校が続き、気軽に外出できない日々が続きますね。

そんな時は、家の中でできることを見直しするチャンス!078保育園の保育士さんもおすすめの、子供にも優しいおやつを一緒に食べて、ほっこりしてみませんか?

 

①干し芋

我が家では定番中の定番のおやつ。オーブントースターで焼いて、焼き色がついたころがおすすめです。焼けるまで、じーっとトースターの前で待ち続ける息子。その間少しお茶を入れてゆっくり待つことができます。

②ヨーグルト

無糖のヨーグルトに、冷凍のフルーツなどを入れれば、簡単に爽やかなおやつが一品出来上がります。

③きなこマカロニ

早ゆでのマカロニをゆでて。きなこをまぶすだけ。とても簡単です。きなこは、鉄分も豊富、気軽にたんぱく質をとることができます。

④じゃがバター

冷蔵庫にあるじゃがいもで簡単に!皮をむいて、まるまるそのままを、深い耐熱皿に入れて、電子レンジで600W6分~温めていきます。皿の下と上に、濡れたペーパー布巾を敷き、上からラップをかぶせると、しっとりできあがります。最後にバターをのせて、できあがり!好みで塩を少々ふります。保育園でも人気です。

⑤クラッカーサンド

市販のクラッカーにジャムをのせて、はさみます。簡単にできて、見た目も可愛く、おいしいです。

 

最後に、先日、Eテレの子供向け料理番組で紹介されていた、「豆腐たこやき」を実際に作ってみた感想をご紹介します。

豆腐がタコ焼きに?と思いましたが、作ってみたら本当に、四角い豆腐がたこ焼きのようになりました。豆腐を穴の大きさに合わせて切るのと、油をしっかり敷くこと、しっかり焼いてから返すことがポイントです(初回は、豆腐がぐちゃっとなってしまいました)。

(材料 20個分)

木綿豆腐 480グラム たこ、またはキャンディチーズ 20個分、ソース、鰹節などお好みで。

四角く切った豆腐の上に、チーズまたはタコを押し入れて、油を薄くひいたタコ焼き器の中に入れていきます。

少したってから、爪楊枝などでくるりとまわして、形を作っていきます。

ソースや鰹節をトッピングして、出来上がり!夕食に出して、楽しめました。

(まとめ)

子供にも優しいおやつは、そのまま、大人にも優しいおやつになります。

一緒に食べて、「美味しいね♪」と言い合うことで、親子の距離を縮められ、笑顔も増えるかもしれません。

ぜひ、この機会に、一度手を休めて、お子さんとほっこりする時間を持ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

PAGE TOP