親子でつながれるお友達って大切!

親子でつながれるお友達って大切!

こんにちは!季節は変わり、すっかり秋になりました。朝方起きた時はまだ薄暗く、風も大分涼しくなってきています。お布団を温かいものに変えたり、衣替えをして、これからの季節に備えていきたいですね。さて、先日娘の幼馴染のお友達と、久しぶりにお友達の家で遊ばせてもらったのですが、子供を大切に生活をしている姿がとても参考になりました。コロナの影響でしばらく行き来できていなかったのですが、久しぶりに会えて、お家のセンスの良さに刺激を受けました。今回は、親子でつながるお友達との会話って大切!というテーマで書きたいと思います。

①思い切りおしゃべりできる

娘が0歳の時から知り合いのママさん。子育てを一緒に頑張ってきたお友達は、ある意味戦友です。久しぶりに色々お話しし、自分の素に戻れた感じがしました。おしゃべりって本当に気持ちの発散になるし、子育て中は共通の話題が絶えず、ママさんに与えられた特権のような気がします。

②現状の確認(無理していないか)

家庭と仕事、自分のバランスは人それぞれです。お友達と話すことで自分の立ち位置を再確認して、子育てにしわ寄せがいかないように、楽しめる範囲でできるものを活動の中心にしようと改めて思いました。無理をせず、自分にできる範囲で、続けていきたいと思えるようになりました。

③子供にまつわる情報交換

幼稚園、小学校の宿題のこと、交換できました。さらに、たくさんもらってくるプリント類の情報整理に、ホワイトボードを使うテクニックを教えてもらい、早速まねさせてもらいました。玄関やリビングなどの目立つところにマグネットでペタッと貼れば、必要な情報がぱっと目に入って便利です!

④おいしいおやつ

家で遊べる楽しみと言えば、みんなで美味しいおやつが食べられること!マンネリ化してしまいがちなおやつもですが、「これ、どこで買ったの?」と聞きたくなるようなおやつの数々にわくわくし、親子で楽しめました。

⑤心の余裕

必要なことに時間をかける、自分の居場所を、居心地の良い場所にする、という姿勢がとても参考になりました。心地よく、テンションがあがる空間づくりなど、私も無理ない範囲でとりいれていきたいと前向きになれました。

まとめ

子育て中に、子供を大切にしているママさんとの会話はとても参考になります。仕事をしているいないに関わらず、生活を中心に据えて、子供との時間を大切にしているお友達に刺激を受けました。こんな風に、子育て世代がゆるくつながって、子供を大切に育てていける環境をつくっていけたらいいな~と思います。今回の記事が参考になれば幸いです。

PAGE TOP